0120-791-464 受付時間|平日10:00~17:00

コラム一覧

ゲストハウスやホステル等の小規模宿泊施設からのリネンの注文が増えています

民泊が盛り上がるなかで、最近では保健所からの通告で無許可営業だった民泊施設がサービスを終了する事が増えています。 その反面、民泊では無いゲストハウスの様な小規模宿泊施設からのリネンの依頼が増えて参りました。

続きを見る

あけましておめでとうございます 2018

年末、リネンの注文が殺到しましてコラムを投稿する事が叶いませんでした。言い訳ですけども。。。。最近では、ゲストハウスからの問い合わせが増えて来ました。注文が集中すると大量の注文に対応出来ない事が昨年まではありましたが、今年より対策を練っておりますので、お客様の大量注文にも対応出来る様に、迅速に準備を進めております。今年は民泊に於いて、大きな分岐の年であると思っております。もっと質の良いサービスを目指して、今年も邁進して参ります。本年もどうぞ、民泊リネンレンタルをよろしくお願い申し上げます。

続きを見る

一度だけのお試しもOKです!!

最近、お問い合わせを頂く中で、「登録は必要ですか?別途料金は?入会費は??」等の質問を良く受けます。 ですが、民泊リネンレンタルでは、記載してある金額以外に別途料金や、入会費を頂く事はございません。 お客様の中では一度お試し頂いて、ご利用されないお客様もいらっしゃいます。 それは、お客様の判断ですので、お気軽に一度民泊リネンレンタルをお試しご利用下さいませ。

続きを見る

民泊過渡期。まだまだ未成熟な市場。

現在、民泊を運営している殆どの物件は無許可で民泊運営をしています。来年の6月から民泊新法が実施されれば、現在、無許可で民泊を行っているホストの方々は許可を取るか、民泊運営を諦めるかの選択をしなければなりません。許可を取ったとしても、年間180日の営業日数の制限や、鍵の受け渡し等、今までとは違うハードルが表れて来ます。民泊リネンレンタルを利用頂いているホストの方々も動向を見守っている最中の様です。しかし、裏を返せば許可を取れば、合法的に民泊運営を出来る訳ですから、民泊業界も形を変えながら盛り上がって行く事と思います。グレーなイメージの強い民泊から、法整備が整って行くことによって、大手からの民泊向けサービス商品の参入も増えて行く事かと思います。実は、民泊リネンレンタルにも既に幾つか、お話しを頂いている事もあります。まだまだ、未成熟な業界でありますので、まだまだビジネスチャンスはあるかと思います。

続きを見る

新しいシーツ・タオルを入荷しました

民泊リネンレンタルのリネンは古いリネンを定期的に新しい物へと交換しております。 同じサイズのシーツでも、何度も洗濯、乾燥、アイロンを掛けていると、それぞれ大きさや厚みが少しずつ変わって行きます。 お客様へ清潔で快適なシーツをお届けするためにも、定期的に新しいシーツとチェンジさせて頂いております。 当たり前な事を当たり前に出来る様に、心掛けております。 タオルも同様で、新しい物と古い物だと、同じ種類でも厚みや色味が変わります。いつでも真っ白で清潔感のある商品をお届けするために、これからも日々努力したいと思っております。

続きを見る
TOP