0120-791-464 受付時間|平日10:00~17:00

タオルってどのくらい用意していますか??

民泊施設でタオルってどのくらい用意されていますか?男性と女性とではタオルの使い方も様々。小さめのタオルは必要??バスタオルは宿泊数×人数分用意する??

タオルは人数×宿泊日数

たとえば、ホテルで1泊以上すると、部屋を出ている間にスタッフが掃除を済ませて、使った分のタオルとアメニティーを補充してくれます。しかし、民泊に於いて連泊をした場合タオルやアメニティーの補充をしている方はあまり聞きません。ホテル同様のサービスを民泊で行う事は少し難しいですが、出来るだけゲストにストレスの無い様にサービスを提供したいと思う事は自然ですよね。しかし、小タオルとバスタオルのセットを宿泊日数×人数で提供すると結構大変です。しかも掃除に部屋に入ると殆ど使われていなかったり、足りなかったのかストックしているクローゼットから、タオルを引っ張り出していたり、ゲストによってタオルの使い方も様々です。割と女性はバスタオルよりも、小さなタオルが無いと問い合わせがあったりもするそうです。大変かもしれませんが、やっぱり大小人数×宿泊日数分は用意したい所です。民泊リネンレンタル福岡のお客様の中で、とても上手にタオルを無駄なく提供されている方がいらっしゃいました。その方はタオルをカゴの中にまとめていれて、「環境保全に協力ください。シーツやタオルのクリーニングには多くのエネルギーと洗剤が使われています。使わなかったタオルはこのままかごにおいて下さい。」と言うカードを添えた所、今までよりもタオルの消費が断然減ったそうです。環境にも良いですし、ホストにとってもとても良い事だと思います。参考にされてみては如何でしょうか。

TOP